スポンサーサイト

  • 2015.11.28 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    10月30日 福重さんの事。ヲルガン座仰天キャバレー。一番難しいのは人を笑わせること。

    • 2015.11.02 Monday
    • 11:32
    10月30日

    大阪のアコーディオン弾きかんのとしこさんから連絡があった。福重ユキヲさんが脳幹出血で亡くなられたとのこと。福重さん。福重さんは大阪の方で、私が大阪へいくと大体ライブを見に来てくださっていた。控えめな方なのでそんなに沢山話す事もなく、挨拶程度だった。彼自身もアコーディオンを弾くという話はなんとなく聞いていた。私が尾道でフェスをする事になった初めての年にそのツイッターでの告知をみて福重さんがそのフェスに出たいという連絡をくださった。私は福重さんのアコーディオンに興味があったのと、あんなに控えめな人なのに申し出てくださったのが嬉しくて出演してもらう事にした。演奏はアングラサーカスという感じだったなあ。いや、大好きな世界だった。大きな着ぐるみを着られて。そして次にふらんす座でも演奏したいとおしゃってくださったので私は快諾した。それがいつだったのかは忘れてしまったのだが、いいライブだった。その時もやはり大きなクマみたいな着ぐるみをきていた。その後何度か大阪のライブに来てくださりそれっきりだった。演奏活動はその後も続けておられたらしい。私とやりとりした最後のメールは2012年の12月25日のクリスマスの日のメールだった。そういえば大阪で12月24日にライブをした事があったのだった。以下福重さんからのその時のメール転送。


    「お疲れ様でした。

    拝見する度に違うライヴ。

    毎度、嫉妬心しか溢れてこない、素晴らしいステージでした。

    またの来阪を楽しみにしております。

    ふくしげ」


    それに対して私はこう返した。


    「ふくしげさん。

    こんにちは!

    いつもいつも本当にありがとうございました!

    ふくしげさんに褒めていただいて真剣嬉しいです。

    なぜなら私はふくしげさんが面白いと思っているからです。

    ライブは毎回戦争ですね・辛くて辛くて大変です。

    もう少し頑張ってみます。

    本当にありがとうございました!

    また来年も何かやりましょうね!

    良いお年をお迎えくださいませね。

    ありがとうーーーーーー!!!!!

    izumi」


    福重さん、またあっちであったら一緒に演奏しましょう。アングラサーカス同士で。


    心からご冥福をお祈りいたします。寂しさとともに。


    そして迎えた5時起床。ああ眠い。。。そして3人でバスで広島へ。5時45分。バスに乗る前になか卯で3人並んで朝ごはんを。なんの現場の人なのだろう、、、足がむくむので品格はないが足を横にあげて寝る。こんな場合は致し方ない。横をみたらメカブちゃんも同じ格好していた。ちょっとしたアクシデントがババール先輩にあったりしながらも、バスは無事に広島着。途中メカブちゃんが桃太郎の写真をアップしていたが、それは私の記憶には全くなかった。


    ついてからヲトメくんも合流し4人でお好み焼きを。おなじみビタミン遊で。そして私たちはボロボロな身体なので整体へ。帰ってからぎゃんぎゃんのリハを。私はずうっと悩んでいた。ウサギをやるべきか否か。否の場合は何をするのか。何がこのショーにとって必要なのか、なにがバランスがよいのか。そうして結果「女子アナ」というバーレスクショーを急遽する事にした。読むニュースは今日のニュースを。旬だから。音源はそのショーの始まるギリギリまで選曲し、結果一度も踊った事のない曲で踊る事にした。またしてもいつものこと。今日も素敵なお客様がいっぱい。いつも本当にありがとうございます。

    今日もババールさんのタモさんからのオープニング。
    あのね、いろんな人がレポートしてるから内容や雰囲気はこちらでチェックしてみて。

    以下

    一緒にスタッフもしてくださったヲトメくんのブログより。


    という事で、いい感じでじゃんじゃん進んだ。



































    最近やったチェリーちゃんとのキャバレーとも全く違う感じの展開にお客様も大笑いの驚愕という感じで私も嬉しかった。いやいや。メカブちゃんはヲルガン座のステージでポールを行った初のポールダンサーとしてくるくるアクティブな素晴らしい舞を舞った。舞った、、、とは違うかもしれんが、そう見えた。最高に最高に素敵だった。そして前回いろんな旋風を巻き起こしヲルガン座という土壌を荒らしまくって帰っていったババールさんは、今回もヲルガン座村では見た事のないものっすごいハイテクな農機具でヲルガン座という畑をひっちゃかめっちゃかに掘り起こしてくれた。これは一言「ブラボー」だ。こういうのを待ってた。ずっと待っていた。こういう人が広島にいるのがベストだがなかなかいない。そして私が大事なのは「バランス」。格好つけているわけではない。本当にそこが大事だと思っている。私は私にしかできない事、二人にはない物を提供するだけ。そしてヲルガン座は最後まで爆笑の渦だった。

    ババールさんが書いた台本の中のセリフ

    「一番簡単なのは人を怒らせること、二番目に簡単なのは人を泣かせること。そして、一番難しいことは、なんだと思う?」

    「人を笑わせることよ。」

    は、本当だと思う。日常生活で人を笑わせる事はそんなに難しくない。しかしこれがお金を頂きステージに上がった途端に難しくなる。これを追求しつづけていくことは本当に辛いが、価値はある。芸人で結構だと思う。むしろ嬉しいくらい。みんないろいろある。いろいろあるからこんな仕事を選ぶのかもしれない。私はそんな仕事を選んでいる。


    二日間しかなかったが、あっと言う間の千秋楽だった。もうちょっと公演したかったキャバレーだったな〜。振り返ってみたらメカブちゃんとは5月に会ったばかり!でももう仲間なんだなと。ババールさんとは出会った時から瞬時に仲間になった。いろいろ最後に話を。またこんな機会があればいいな。というかまた一緒にやりましょう。今度はもっとスムーズにいけるかもね。お世話になりました。ババールさん、メカブちゃん本当にありがとうね。



    私は今日の公演、昨日のウサギをやめてよかったなと思っている。課題は多いがいつも新しい事に挑戦していくのが私のスタイルだったなあ、、、と今日の福重さんのメールで思い出していた。

    さあもう11月だ。来月はガラッと変わって弾き語り月間だ。また新しい仲間とのツアー。そしてレコーディングもある。ぼやぼやもしてられない。人生は短く濃厚なほうがずっといい。



    スポンサーサイト

    • 2015.11.28 Saturday
    • 11:32
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << January 2017 >>

      selected entries

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM