スポンサーサイト

  • 2015.11.28 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    10月27日 しのぎを削る大好き8分間劇場。優勝は、、、

    • 2015.11.02 Monday
    • 10:28
    10月27日

    今日は朝から街のほうで用事があったのでついでに、イベントに着るフォーマルなドレスを見に前から気になっていたお店に行ってみた。結果そこで求めていたものには出合わなかったが、素敵な素材のパンツに出会う。履いても可愛い。可愛いが今日はドレスをみにきたのだ。パンツではない、、、、と言い聞かせる。今月もちょっとお金セーブしなきゃ。諦めも大事。。。

    キャバレーのネタを考えないと時間がない、、、と思えば思うほどなーんにも綺麗に出てこない。こんな時はいつも純喫茶へ。今日もお世話になります中村屋さん。

    集中していろんな事をあれこれと。あれこれ妄想しながらあれこれと。時間になったので店へ。店に帰ったらなんと!郡山のピークアクションのオーナーじょんちゃんから「郡山、おらが町のいいもの」パックが送られてきていた!

    びっくり!そして中にはとってもとっても嬉しいお手紙が。。。どこまでいい方なんだろう。郡山ピークアクション。感動しすぎて、お手紙は後からまたゆっくり読んでみよう。今日は私の大好きなイベント、これ!


    ふらんす座

    「ふらんす座8分間劇場第八回〜自作自演劇場〜」

    出演

    コンバイン若岡


    山田めい

    末武太
    今日はなんか面白い。きっと絶対に面白い。そんな確信のある出演者だった。おかげさまでソールドアウト!順々にリハに来る出演者たちは皆一様に重い緊張感を携えている。そういうイベントのほうがいい。軽くないほうがいい。どうせやるならそのくらい吐きそうな程の緊張感があったほうがいいイベントになるという事を知っている。私も今日、さっき作ったウサギのネタでオープニングショーを。ここでうまくいけば京都のキャバレーへ持っていこうかしら。「ウサギさん急に身長が伸びる」ネタをヲルガン座で繰り返し練習。スタッフのユイヤに「この頭おかしくないかな〜」を繰り返す。「うん、どうだろ?」を笑いながら繰り返すユイヤ。こうしてみんな日々生きているのだと。

    そして始まりました8分間。満員御礼。結果頑張ったウサギショーはちょっと微妙だったとしても、

    盛り上がりはそのままオープニングへ。

    本日の出順を決めて

    早速!

    一番目零。


    暗転と明転をうまく使った無声劇。本当の自分への模索を表現するかのような。見えている部分と隠れている部分はどちらが本物で偽物か。なんて答えはあるのだろうか。永遠に続く螺旋階段のような8分間。きっとオチなどはいらないのだろうと思う。

    二番目末武太。

    ベテラン。ベテランな筈だがこの人が一番精神的に追い詰められていたように思う。普段から見られてるという事実だけで不利な事も知っている。お馴染みの!は決していい事ばかりではない。8分間においては不利に働く事も多いだろう。そのプレッシャーを見事に跳ね返した感のあるパフォーマンス。

    三番目山田めい。


    演劇界でも好きな役者の一人。始めから薄暗い照明で展開するこの芝居は、リアリティーさを伝えたい訳ではない、という事をはっきりと意味づける。大きな鳩サブレを運ぶという衝撃の内容が心に響く。オチが、、オチが間に合えば、、、の無念さ。これが8分間初回あるある。

    四番目コンバイン若岡。

    始めにテーブルを並べミニラジカセを三つ並べる。そこからいろんな音が流れ、途中からだに下げていたもう一個の機材からも音が流れる。この機材から流れる何かしらのナレーションによってこの芝居のストーリーがはっきりする筈らしかったが、私は一番前なので前の3台のノイズによって大事なナレーションが聞こえなかった、、、みんなは聞こえていたらしい。私はコンバインの夏の日の1日のドキュメンタリーかと思っていたら全く違う内容だったらしい。
    そしていつものような結果発表。

    私はこの瞬間が面白くもあるしワクワクもするが辛くもある。だって4人いたら絶対に1位から4位までいる訳で、4位の人がダメだったという事ではなく、好き好きの差なのだと。だから本当は順番にそこまで意味はない。結果は末武くんの優勝だった。

    この優勝を聞いた時の末武くんの顔。忘れられない。

    今回彼は頑張った。お客様のほとんどを集客したのは彼だった。そういう事も私は評価したいのだった。皆様にメールをする大変さ、よくわかってる。頭をさげる事、誰もお願いゴトをするのは好きではない。そんな中で彼は一番頑張ってやってくれたのだった。もちろん内容も素晴らしく考えられたものだった。だから全てがプラスになっての優勝。おめでとう!二位の山田めいに1票差。


    さてさて。今度は私の番だ。明日から京都へ。


    まだ案の定なんの準備もできていない。でも今日はもうどうする事も出来ない。

    スポンサーサイト

    • 2015.11.28 Saturday
    • 10:28
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>

      selected entries

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM