スポンサーサイト

  • 2015.11.28 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    10月21日 ゴトウ、ゴトウの実家に帰る。

    • 2015.11.02 Monday
    • 09:12
    10月21日


    朝起きて、昨日くもさんに頂いたチャーシューと炊き込みご飯を食べた。

    お母さんに持たせてもらったようなご飯だった。そんな味が嬉しかったです。バスに乗って実家のある鶴岡へ。

    バスから見える風景はもうすっかり紅葉していた。ああ広島に居てたらこんな風景を見る事はなかったなあ。と思っているうちにウトウトしながらあっさり鶴岡へ。

    バスの中から、停留所で待っててくれてる両親の姿が見えた。ふと、ほんとにふと、あとこの光景が何回見られるのかなと。永遠に続いてほしいと思うけれど、きっと多分そうはいかない。そうはいかないものなのだ。こればっかりは。そして私の里帰り恒例のリクエストの麦切りを食べに。

    この麦切りというのは山形の人ならわかるが、うどん、、、なのだが、ちょっと違う。もっと腰があり喉越しがいい。私はこの麦切りが最高に好き。

    久しぶりに3人で食べる食事なのだが、私はいつものように大人げなく母に食いつく。母が子供の教育問題について、「最低限大学にはいかないといけない」と発言した。ここについて私が「大事なのは、今の時代学歴などではなく人間力だ」とたてついた。そして子供が大学に行く行かないは本人が決める事であり、周りから囲むように考えかたを押し付けるのはよくないと反論した。父は黙って聞いていた。大学に長く勤めていた母はそれでも、と母なりの理論を述べたのだが、議論しながらも(これはきっと母が前のように元気なので私が安心して討論できているのだ)とちょっぴり嬉しく思った。母が本当に老化を迎えたらこんな話はきっとしないだろ。その後久しぶりの実家へ。一年ぶりだが懐かしさはない。人には故郷に関しての解釈として二つのタイプがあると思う。生まれ育った場所や環境を愛し、そこを大事にするタイプ。もう一つはそういった環境や思い出ではなく、大切なのは 人と今というタイプ。私は明らかに後者である。家族さえ 元気で幸せであるならば故郷などなくていいと思う。私の故郷は土地ではなく家族そのものなのだ。


    その後母と買い物へ。鶴岡にはスーパーのまえに「あじまん」というのがある。

    これは私が子供の頃からある回転焼きのような二重焼きのようなもので、中にあんこやクリームが入っている。このあじまんが皮がうすくて砂糖が控えめ。未だに続いているという事はこれはもう庄内地方のソウルフードなのではと思う。


    今日はヲルガン座ではウォーキング部。

    今回は私が欠席なので鶴岡からみんなにミッションを出すというシステムにした。最後のゴールは藤田洋平が奥さんに英語で「I lobe you」をいうという全く関係ない素晴らしい落オチで終わった。皆さんご苦労様!


    今日は仕事をしたかったのだが、もう眠くて眠くて早く寝てしまった。

    スポンサーサイト

    • 2015.11.28 Saturday
    • 09:12
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>

      selected entries

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM