スポンサーサイト

  • 2015.11.28 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    11月4日 レコジャケ展、ホルンと鍵盤と私 第3弾 、羊くんのセルフポートレート展。

    • 2015.11.28 Saturday
    • 19:47
    114

    3号がこの間の偶数の音楽会でのオカダと私の写真を使って、ブックレットを作ってくれました。

    今こんな本が200円で作れるんだって。すごいね。ありがとうね。

    から十市アパートではレコジャケ展。


    「HARO WORKS PRESENTS

    【レコジャケEx+ 〜My Favorite Songs〜】」

    ”流川・本川・横川”3つの川を巡回するレコードジャケットデザイン展「レコジャケEx+」開催!

    広島に関わって活動しているデザイナー・ミュージシャンのグループ展。白い厚紙製のLPレコードジャケットに「My Favorite Songs」というテーマで各アーティストが自由に表現します。一人一枚のレコジャケを制作してもらい、展示・販売致します。レコード盤の無いレコジャケから視覚を通して聴こえて来る音とは???音楽好き、レコード好き、デザイン好きな方はもちろん、レコードに触ったことの無い世代の方も是非これを機会にレコード文化に親しんで下さい!!!お楽しみに!!!


    だそうです。から張り切って主催のハロー君が中心となって搬入を。から一週間です。販売会もあったりです。20人にもの様々な作品お楽しみくださいませね!


    そしてふらんす座ではこれ!

    ふらんす座

    「ホルンと鍵盤と私 第3弾 〜ポップコーンナイト〜」

    *ホルンと鍵盤と私、第3弾!「アメリカ」ものをお届けします。前回のドイツものでは、フランクフルトを振るという技で一体感を生んだ、あのイベントが帰って来ます!今回はシアター感が出るとイイな♪という事でポップコーンをもぐもぐしながら、聞いて見て行って下さい☆

    このイベントは面白い。なぜかというと前回はフランクフルトだった。フランクフルトを振ってもらうための段取りを考えすぎてリハがほとんどできませんでした。そして今回はポップコーン。やっぱり今回もポップコーンを出す段取りとか衣装とか、結局音楽に関係ないところに一生懸命な人たち。

    そして今回もやっぱりおざなりなリハを笑。
    いやいや。やってたほうかな?

    本番はみんなキメキメで。

    かなりふざけているんだけど、実力はクラシック出身という事でみなさん上等。

    こんな素敵な人達、、、

    かわいい格好に萌え萌えでしたよ!次回は団子だそうで、、、!もソールドアウト!素晴らしい!皆様お疲れ様でしたね。




    ヲルガン座は読書部。ミサリーダーを中心として結構楽しそう。読書部かなり盛り上がっています!


    ギャラリーではこれ!


    「包む(くるむ)-衣装あるセルフポートレート-」

    *写真の中に服が溶け込む事とはどういう事になるのだろうか?


    衣装に身を包んだ3人のセルフポートレート展。写真、衣装の展示、物販

    羊君主催の古着と女子達のセルフポートレート展。

    面白い。3人の作品が集まった展示会です。まだまだやってるから是非にね。


    もまた夜がどんどん更けていくね。新人だったと思っていたユイヤもしっかりとしてきたな〜。


    11月3日 広島の性のエンターテインメント!

    • 2015.11.28 Saturday
    • 19:11
    11月3日


    今日は文化の日らしい。なので私も文化的に!ゲットヒロシマのコラムの取材へ出かける。10時ロケハンとヲルガン座集合。顔がね、眠い顔でね。昨日ミサさんに相談した結果今回のゲットのテーマは「性のエンターテイメント」という事でね。それの総力取材という事で一日をかけて。ブッキングしてみてわかったけれど、ほとんど全ての場所が知り合いだったり、知り合いが関わっていたりで、やはりこういう世界は私にとって 身近な世界なんだなあと思ったの。未だに「アングラの女王」なんて平気で言われちゃう所以か。これ褒め言葉じゃないから。そんなこんなで今回もタナちゃんに車を出して頂き、写真の撮影もお願いしちゃう。できる女は素晴らしい!いつもありがとう!そして10時半、アンダーグランドバーダズルさん。

    ここは緊縛を中心としたショーやイベントを行っているフェティッシュバーです。

    2回ほど来た事があったがゆっくりお話できてよかった。取材協力朝から!ありがとうございました!蛍さんもありがとう!


    次に横川銀映へ。

    ここは60年近くやってる老舗ポルノ映画館。タムラ・ド・ヒサシがバイトしてるので繋いでくれたし、その日もバイトに入ってた!

    なかなか敷居が高いとは思うが1800円払ったら一日中いれるんだよ。

    しかも途中ご飯食べにいってもいいらしいし笑。こんなパラダイスほかにあるだろうか、、、ありがとうございました。



    そしてみんなでやきやき亭にて昼ごはん。ほっこり。


    すぐに横川シネマへ行きメカブちゃんが出ている「山月記」を見に。メカブちゃん頑張っておったな。あれは大変だったろうに、、、お疲れ様でした!メカブちゃん最高に可愛かったよ!


    そしてすぐに大人のコンビニToy’s倶楽部さんへ。

    オーナーさんは不在だったがスタッフの方は三宅さんというよく知ってるミュージシャンの方だった笑。どこまでも知り合いが、、、

    ここは入り口のほうは雑貨中心で居心地がよい。

    普通に買い物できる感じだもの。パーティグッズなんかが多いかな。あとはコスプレのものとか。かなり使える。私も網タイツ買ったもの。そして奥がお楽しみアダルトコーナー。

    といってもね、いわゆる普通のおもちゃが並び(でもかなりハイテクなものも多い)、

    セクシー下着(布の面積少なすぎ!なものも)、SMやアナル緊縛関係のマニアックなものから、

    男性用までいろいろでした。いやー楽しい!

    みんなで最高に楽しみました。


    そして近所の昭和喫茶みつへ。まったりコーヒーを飲んでから最終地点第一劇場へ。ここは老舗のストリップ劇場ですね。

    意外にも私ここに入ったのは初めてだったのです。第一にはご紹介者の大槻君も。

    みんなが繋いでくださってる!社長はとっても太っ腹な人で「お金払うんで見ていきますね」と伝えているのに「金はいらん。今度お客でも連れてきてくれ」と受け取らない。今日は祝日なのにお客さんはとっても少なかった。こんなに少なかったら4人分の入場料は欲しいに決まってる。なのに受け取らない。大物はすごいな、と。またたくさんの人を連れてここへ戻ってこようと思う。

    第一劇場は普段は4人の踊り子さんで回す。ショーの振り付け選曲衣装テーマなんか全て踊り子さん一人で決めてショーをするわけだから、みんなそれぞれ個性があって面白い。4人見て二時間、全く飽きないのだ。ストリップの人はいろんな人がもちろんいるわけだが、みんな笑顔が同じだ。笑っているが遠くでは笑っていない。目は非常にドライなのだ。あるストリップの踊り子さんが「裸は全然恥ずかしくないし全部見せれるけど、心は開かない」と言っていた。そういう姿勢が嫌じゃない。プロとして踊ってくれるので見ていても特に恥ずかしくない。そして美しいなあみんな。またきっと来ます!


    お腹空きすぎてみんなでラーメンを。


    今日は濃かったな。帰ってから急いで原稿をまとめてそのままテキスト送信。 深夜二時眠りながら写真を送信。終わってよかった、、、ギリギリやった、、、、


    みんなまたいこうね!ありがとう!

    11月2日 大きくなったら何になるんだろうね。

    • 2015.11.06 Friday
    • 20:35
    11月2日

    今日は月曜日なので、基本はお休みですが仕事です。

    午前中はアコーディオンを。

    昼にアパートでご飯を。

    今日のメニューはチキンカツのバジルクリームソースでした。私が知り得ないメニュがじゃんじゃんできています。こういうのが単純にうれしい。

    そしてさりげなくライブ告知を。11月は弾き語り月間だもんなあ。アコーディオンと共に!

    ご飯を食べていたらおさんぽまさらのユッカさんが。最近全く見ないので生きているのかと思ったら元気でした。横に座ってくださって軽快な トークを。

    そんなに怖がらなくてもいいじゃない笑。私はいつでもあなたの味方だ。あえてよかった。

    ヒトカゲさんがFacebookを見てきてくれた!あげてよかった。いいお話できた!

    夕方からスタッフとのミーティング。

    基本的な話ほど大事なのだなあ。みんなにいろいろと発言してもらい、意味のあるミーティングでした。お疲れ様!

    本当は今日がゲットヒロシマのコラムの締め切りだったのだけど、全く手をつけておらず焦っていたのを一人じゃ解決しない!と思い、思い切ってミサさんに相談してみたら事はじゃんじゃん進んで、あっという間に全てのブッキングが済んでしまいました。悩みなんかこんなもんなのか。抱え込んでいる物件、これからは吐き出していく事を覚えてみようかな。こんなにスムーズにいくもんなんだなあ。

    夜は家の近所の神社で神楽がやっているというので観にいきました。 冬の始まりのピンとした空気に、神楽の響き。

    町の人々の声、笑い声、屋台の香り、きらめく電気。何もかもが新鮮な光景で、自分がいかにこういう場所に生きていないのかを実感。いつからそうなったんだったけな?目の前に小さな男の子が。

    あたまに何かを乗せて仮面をつけさせてくれとせがむ。

    考えてみたらこれは神楽の鬼になりたかったみたい。

    かわいいな。すっかり鬼に変身した男の子は気付いたらステージの横まで進み眩しいステージの光景をじっと見つめていました。

    大きくなったら、何になるんだろうね。

    11月1日 次松大助のふらんす座。運も縁もタイミング、という名言はおかんの口から。

    • 2015.11.06 Friday
    • 20:27
    11月1日

    もう11月になってしまった、、、、、あと今年も二ヶ月。私は以外とふわりふわり生きています。

    今日はふらんす座では昼からハロウィンの貸切パーティー。昨日から街はすごかったらしいね。だって昨日十日市の町も小さい子が仮装して路面店に入りまくる、という行事が。このハロウィン熱いつから?今年から?人生を楽しんでいるのなら良いのではないでしょうか。

    夜はこれ!

    ふらんす座

    「次松大助ソロライブ@ふらんす座」

    *昨年、活動を再開したTHE MICETEETHのボーカリスト次松大助さんのピアノ弾き語りソロライブ。

    繊細な詩と、美しいピアノ演奏が心に沁みる魅力的なミュージシャンです。

    広島では久々の生ピアノでの演奏です。

    ふらんす座のもつ独特な空気感と、次松さんの作りだす特別な空気感。

    混ざり合うとどんな時間になるのか…とても楽しみです。

    秋の夜長に、バンド編成とは、また一味違う次松さんの演奏を、是非ご一緒に。

    ということで、意外にも本間四畳半のかわのさんの初のイベント企画。そうか、、初めてだったのか。次末さんは二回目。前回はヲルガン座だったなあ。静かに静かに入ってきて1時間近くずうっとピアノを弾いてた。

    男の人がピアノを弾くって美しいなあ。その間かわのさんと女子トークを。かわのさんは女子力をあげたいそうで笑、そこがこの人の魅力なのです。私がかわのさんと初めて出会ったのは尾道の洋ランセンターでのイベントで、ニカヤンとかエマーソンさんなどが出ているイベントだったように。私は意外と臆病なので、主催のかわのさんの迫力に萎縮していたように思う。出来る怖い女、、、そんなイメージだったなあ笑。それが今はどうやったら女子力をあげれるかを真剣に考えあう仲になれて、時間っていいなあと。年取るのも悪くない。うん。ライブは急に決まったにもかかわらず多くの女子達を中心としたお客様が。綺麗で繊細な時間が流れました。ふらんす座がよく似合う。打ち上げもみんな楽しく。そしてなんかの流れでみやっちのお母さんから名言が。心に響く。

    「運も縁もタイミング」

    この一言にうーん、さすが、、、と。運も、、縁も、、タイミングか、、、と。

    次末さんとも少しだけお話しを。

    いい夜をありがとうございました。

    かわのさん、また世知辛いトークしましょうね!

    10月31日 羊君イベント、わかばちゃんお疲れ様。クーモリ可愛いねえの日。

    • 2015.11.06 Friday
    • 20:12
    10月31日

    昨日の疲れは置いておき、今日も諸々ですね。昨日のキャバレーチームを駅まで送る。最後まで目が泳いでいたババールさんのなんと愛しいこと。そしてヲトメ君ありがとうね。また一緒になんかやろうね!そしてメカブちゃんを送りに横川へ!久しぶりに溝たんでも拝みに。

    今日はここはゾンビ祭りだそうで。最近ゾンビ流行ってるなあ。生存確認をしたので店へ。今日はこれ!

    ヲルガン座(ステージでの販売です)

    「渡邉羊野洋服店とSHIROKUMA shareshelf」

    *偶数月のどこかで開催される渡邉羊野洋服店と誰かのイベント。

    第3回目はSHIROKUMA shareshelf。

    お洋服屋さんの羊君の移動販売会です。いっつも可愛い古着を持ってきてくれて見るのがとっても楽しい!今日は本の交換会もしていてまた楽しい。今日もよろしくお願いします!!!


    そしてその足で大須賀へ。大須賀にある古本屋「わかば」が今日で閉店だそうで。

    わかばちゃん、、、お疲れ様でした。ミカカとともに。一階のゼツキグにある看板が無意味にも胸を打つ。

    わかばはここの二階にある。

    上がったらわかばちゃんが今日も可愛くそこに。いっつも来るわけじゃないけど無くなっちゃって寂しいなあ。

    寂しいなあ。せっかくなのでわかばちゃんに「私にオススメする本を選んで」とお願いした。「えー難しそう!」と渋るわかばちゃん。

    でも一生懸命選んでくれた。その横でわかばちゃんの弁当を食べるミカカ。

    そして選んでくれた本が二冊。悩みに悩んで一冊に決める。それは数学の本だそうで。でも全然難しくないそうです。読めるかな、、笑、いつか読みます!ありがとう!!!


    ふらんす座ではこれ!

    「クーモリ サンプル『黒』発売記念ライブ」

    クーモリの名前になって何回目かな?おかえりね。今日もみんなザ・男でいい感じです。

    4人いるのでステージではなく、フロアライブ。でもこういうのがとっても似合っている。

    新しいCDもぽくってよかったです。本番はやっぱり達也君にいじられるが想定内だ。

    年下のしかもダメ男に「イズミ」と呼ばれるのは悪くない笑。こうなったらもう毎回呼んでほしい。

    今日もいろいろな事件のあったクーモリでした。

    この人達とはもっともっとおっさんになるまで付き合っていきたいな〜。いつもありがとうございました。


    ピークアクションからもらったお漬物、とっても美味しい。あったかいあったかい味がしました。

    ありがとう!

    10月30日 福重さんの事。ヲルガン座仰天キャバレー。一番難しいのは人を笑わせること。

    • 2015.11.02 Monday
    • 11:32
    10月30日

    大阪のアコーディオン弾きかんのとしこさんから連絡があった。福重ユキヲさんが脳幹出血で亡くなられたとのこと。福重さん。福重さんは大阪の方で、私が大阪へいくと大体ライブを見に来てくださっていた。控えめな方なのでそんなに沢山話す事もなく、挨拶程度だった。彼自身もアコーディオンを弾くという話はなんとなく聞いていた。私が尾道でフェスをする事になった初めての年にそのツイッターでの告知をみて福重さんがそのフェスに出たいという連絡をくださった。私は福重さんのアコーディオンに興味があったのと、あんなに控えめな人なのに申し出てくださったのが嬉しくて出演してもらう事にした。演奏はアングラサーカスという感じだったなあ。いや、大好きな世界だった。大きな着ぐるみを着られて。そして次にふらんす座でも演奏したいとおしゃってくださったので私は快諾した。それがいつだったのかは忘れてしまったのだが、いいライブだった。その時もやはり大きなクマみたいな着ぐるみをきていた。その後何度か大阪のライブに来てくださりそれっきりだった。演奏活動はその後も続けておられたらしい。私とやりとりした最後のメールは2012年の12月25日のクリスマスの日のメールだった。そういえば大阪で12月24日にライブをした事があったのだった。以下福重さんからのその時のメール転送。


    「お疲れ様でした。

    拝見する度に違うライヴ。

    毎度、嫉妬心しか溢れてこない、素晴らしいステージでした。

    またの来阪を楽しみにしております。

    ふくしげ」


    それに対して私はこう返した。


    「ふくしげさん。

    こんにちは!

    いつもいつも本当にありがとうございました!

    ふくしげさんに褒めていただいて真剣嬉しいです。

    なぜなら私はふくしげさんが面白いと思っているからです。

    ライブは毎回戦争ですね・辛くて辛くて大変です。

    もう少し頑張ってみます。

    本当にありがとうございました!

    また来年も何かやりましょうね!

    良いお年をお迎えくださいませね。

    ありがとうーーーーーー!!!!!

    izumi」


    福重さん、またあっちであったら一緒に演奏しましょう。アングラサーカス同士で。


    心からご冥福をお祈りいたします。寂しさとともに。


    そして迎えた5時起床。ああ眠い。。。そして3人でバスで広島へ。5時45分。バスに乗る前になか卯で3人並んで朝ごはんを。なんの現場の人なのだろう、、、足がむくむので品格はないが足を横にあげて寝る。こんな場合は致し方ない。横をみたらメカブちゃんも同じ格好していた。ちょっとしたアクシデントがババール先輩にあったりしながらも、バスは無事に広島着。途中メカブちゃんが桃太郎の写真をアップしていたが、それは私の記憶には全くなかった。


    ついてからヲトメくんも合流し4人でお好み焼きを。おなじみビタミン遊で。そして私たちはボロボロな身体なので整体へ。帰ってからぎゃんぎゃんのリハを。私はずうっと悩んでいた。ウサギをやるべきか否か。否の場合は何をするのか。何がこのショーにとって必要なのか、なにがバランスがよいのか。そうして結果「女子アナ」というバーレスクショーを急遽する事にした。読むニュースは今日のニュースを。旬だから。音源はそのショーの始まるギリギリまで選曲し、結果一度も踊った事のない曲で踊る事にした。またしてもいつものこと。今日も素敵なお客様がいっぱい。いつも本当にありがとうございます。

    今日もババールさんのタモさんからのオープニング。
    あのね、いろんな人がレポートしてるから内容や雰囲気はこちらでチェックしてみて。

    以下

    一緒にスタッフもしてくださったヲトメくんのブログより。


    という事で、いい感じでじゃんじゃん進んだ。



































    最近やったチェリーちゃんとのキャバレーとも全く違う感じの展開にお客様も大笑いの驚愕という感じで私も嬉しかった。いやいや。メカブちゃんはヲルガン座のステージでポールを行った初のポールダンサーとしてくるくるアクティブな素晴らしい舞を舞った。舞った、、、とは違うかもしれんが、そう見えた。最高に最高に素敵だった。そして前回いろんな旋風を巻き起こしヲルガン座という土壌を荒らしまくって帰っていったババールさんは、今回もヲルガン座村では見た事のないものっすごいハイテクな農機具でヲルガン座という畑をひっちゃかめっちゃかに掘り起こしてくれた。これは一言「ブラボー」だ。こういうのを待ってた。ずっと待っていた。こういう人が広島にいるのがベストだがなかなかいない。そして私が大事なのは「バランス」。格好つけているわけではない。本当にそこが大事だと思っている。私は私にしかできない事、二人にはない物を提供するだけ。そしてヲルガン座は最後まで爆笑の渦だった。

    ババールさんが書いた台本の中のセリフ

    「一番簡単なのは人を怒らせること、二番目に簡単なのは人を泣かせること。そして、一番難しいことは、なんだと思う?」

    「人を笑わせることよ。」

    は、本当だと思う。日常生活で人を笑わせる事はそんなに難しくない。しかしこれがお金を頂きステージに上がった途端に難しくなる。これを追求しつづけていくことは本当に辛いが、価値はある。芸人で結構だと思う。むしろ嬉しいくらい。みんないろいろある。いろいろあるからこんな仕事を選ぶのかもしれない。私はそんな仕事を選んでいる。


    二日間しかなかったが、あっと言う間の千秋楽だった。もうちょっと公演したかったキャバレーだったな〜。振り返ってみたらメカブちゃんとは5月に会ったばかり!でももう仲間なんだなと。ババールさんとは出会った時から瞬時に仲間になった。いろいろ最後に話を。またこんな機会があればいいな。というかまた一緒にやりましょう。今度はもっとスムーズにいけるかもね。お世話になりました。ババールさん、メカブちゃん本当にありがとうね。



    私は今日の公演、昨日のウサギをやめてよかったなと思っている。課題は多いがいつも新しい事に挑戦していくのが私のスタイルだったなあ、、、と今日の福重さんのメールで思い出していた。

    さあもう11月だ。来月はガラッと変わって弾き語り月間だ。また新しい仲間とのツアー。そしてレコーディングもある。ぼやぼやもしてられない。人生は短く濃厚なほうがずっといい。



    10月29日 珈琲イデヤ。仰天キャバレー京都アバンギルド公演。

    • 2015.11.02 Monday
    • 11:08
    10月29日

    朝8時には起きてメカブ宅を飛び出す。

    西院という駅の近くまで歩いていったら、ふと、いい喫茶店を見つけた。

    もうここなん年も、いい喫茶店を見つける臭覚というか、アンテナが常に発達してしまい、どっちに歩いたらいい店と出会えるかというのが本能的にわかってしまう体になってるのが恐ろしい。そして自然とたどり着いたのが珈琲イデヤ。中に入ると常連さん達がギャンブルと野球の話に忙しい優良店。

    広さもちょうどよくテーブルや椅子のサイズ、メニューの価格も最適、そして珈琲カップがとても素敵で味も美味しい。

    家具も完璧な古さで居心地も抜群。そして素晴らしかったのが無料Wi-Fiが入るというところ。ここまでもか、ここまでもか!が全て入った最高の喫茶店だった。こりゃくるわ、、、、おかげで私はここで3時間もの時を過ごし珈琲を3杯飲んだ。

    また来たいなあオフィスとして。

    そしてもう一軒どうでもいい喫茶店によってからメカブ宅へ。慌てて支度し出発。


    今日のお目当ては木屋町のアバンギルド近くにあるインディアンという大好きな カレー屋さん。ところがここがあっけなく閉店しておった!悲劇!行けないと思ったら急に食べたくなる。仕方ないのでメカブさんとおしゃれなムジカフェへ。でも美味しかった。そしてどうしてもいきたい店へ。そうまた純喫茶!築地へ。

    ここは私が京都で一番愛する純喫茶。身も心も包まれる。ここは「ホット」を注文するとウィンナー珈琲が出てくる。

    一階と二階席があり、私はいつも二階へ。

    オリジナルマッチもあるのが嬉しい。テーブルは飲み物と灰皿が乗るだけの小さなもの。これがまた萌える。メカブさんと向かい合い座るとちょっと緊張して飲み物こぼしたりむせたりした。そう私は純喫茶へ人と行き慣れてない。そしてこれまた若い女子(メカブ)が私の事を「こんな女性になりたい」と褒めはじめたので余計緊張感はあがり、阻喪しつづけた。これも修行なのか。

    メカブちゃんは私の若い頃とよく似ている。好きなものも似ている。メカブちゃんも残念だがきっちこっち側の人間なんだと思う。



    久しぶりのアバンギルド。

    ああ、やっぱり私はここが好き。この空間が好き。ここで歌える事、踊れる事に喜びを感じてしまうステージがあるのだ。

    お世話になっているりょうたろうさんが今日はお出迎え。作業中です、、、こうやって、毎月スケジュールが発送されるわけなんですね。

    わかりますわかりますこの光景。現場ね。そしてリハへ。今日は初演だ。これが一番怖い。私自身まだ決まっていない事、覚えていない事などたくさんあるのだ。段取りを踏みながらスタッフに説明しながら自分でも構成を作る。箱に入ってからショーが始まるまでが戦争なのだ。毎回。不十分な状態なまま、仕事あけのババール先輩登場。ようこんな日に仕事ができるもんだな〜。すごいなあ。いやほんまにすごい。私は無理。そして微妙に通しも出来ないまま本番へ。

    京都は予約が進まなかったのに当日になって満員!この土地不思議。予約は、、、して。ババールが38歳で結婚したもんだからみんなさりげなくそのネタを投入。もう3人ともめくるめくネタを展開しつづける。ぶっこんでぶっこんでぶっこむ。これでいい。今回はこれでいい。 私たちは他の人がやっている時に大慌ててで次のショーの準備を裏でしているものだから、他の人が何をやってるかわからない。どんな風にうけているのかわからない。それが悔しいが芸人とはそんなもんだ。二部もそのままの勢いで。二部はバーレスクショー。私は最後までウサギネタをやるか迷ったが、イベント全体のバランスを考えたらそれがベストと踏んだ。結果はわからない。わからないが後悔はない。そうして3人の仰天キャバレーショー初演が終わった。知ってる顔、初めての顔たくさんいていろんな人とお話しを。楽しかったなあ。いろんな方もご紹介いただき。楽しく楽しく。チェリーちゃんも見に来てくれて「ここはブルックリンか!」と叫んでくれた。何よりも嬉しい。ブルックリンは私の大好きなシーンだ。もう夜も更けてきて、大量の荷物をステージまでひきづってパッキングし、疲れた足どうにか進めてかえる。自分の歌「夜半過ぎのホテル」の一節「女の荷物の中は細やかなる人生と、旅に疲れた下着が小さくまとめられ、出てきたホテルマンはこれまた訳ありでそんな女をいくらか安めに値踏みする」というのはきっと自分の事だ。まさにさっき歌った歌詞が頭をループする。メカブちゃんちに帰り明日の朝早いからババールさんもメカブちゃんちに呼び、みんなで合宿しながら就寝。ババールさんが付いた時間には私はもう意識がなく、朝イダヤで珈琲3杯も飲んだ事などまるで遠い昔のようだった。




    夜半過ぎのホテル
    http://youtu.be/Erx2WCOdmjE

    10月28日 フライヤー届く。よしこ復活に涙。葉巻の話。京都入り。

    • 2015.11.02 Monday
    • 10:57
    10月28日

    敬愛しているデザイナーのオリシゲさんよりフライヤーが届く。11月26日のサラヴァ東京でのアコーディオンイベントのフライヤー。なんと素晴らしい。なんと美しい。何度も打ち合わせをさせていただき、時間をかけ(お金もかけ、、、)想いを込めたフライヤーだ。もはやこんな素敵な作品を作ってくださったオリシゲさんに心からの感謝を。ありがとうございます。


    早く皆様のお手元に届きます事を願って!です。


    今日は京都へリハなのだが、その前にいろんな段取りが。銀行へ走っていってたらなんと!なんと!私が広島で一番好きなラーメン屋さんの「よしこ」(と呼んでいるが、本当は聚楽亭という名前)にのれんがかかってた。

    ここは最近まで長く休んでおり、ついにここもか!と胸を痛めていた。嬉しさのあまり入ってしまった。

    聞いたら旦那さんが入院なさっていたとのこと。今は退院されてるとの事だが、いつまでもこの 味が続いてほしいものだ。そしてふと向かいにある煙草屋さんへ。

    以前葉巻を吸っていた事があったのだが、最近また葉巻への想いがぶり返していた矢先なので、ついつい覗いてしまう。そして一番香りが可愛いいダッチマスターを一つ購入。またちょいと始めてみようかと。


    その後バタバタパッキングからの新幹線で京都へ。そのままメカブちゃんと合流のスタジオ入りのばばーるさん入りの稽古続行で、私はメカブ宅へ。 ザ一人暮らし部屋というなんともスイートな空間に少々緊張しながらも、いろいろ話しているうちに眠くなりあっさり就寝。メカブちゃんは私がぐーぐー寝た後も音の整理をしていたみたい。ああ結果明日はどうなるのか五里霧中。もう何もかも五里霧中。とりあえず明日の朝は喫茶店へいきたい。

    10月27日 しのぎを削る大好き8分間劇場。優勝は、、、

    • 2015.11.02 Monday
    • 10:28
    10月27日

    今日は朝から街のほうで用事があったのでついでに、イベントに着るフォーマルなドレスを見に前から気になっていたお店に行ってみた。結果そこで求めていたものには出合わなかったが、素敵な素材のパンツに出会う。履いても可愛い。可愛いが今日はドレスをみにきたのだ。パンツではない、、、、と言い聞かせる。今月もちょっとお金セーブしなきゃ。諦めも大事。。。

    キャバレーのネタを考えないと時間がない、、、と思えば思うほどなーんにも綺麗に出てこない。こんな時はいつも純喫茶へ。今日もお世話になります中村屋さん。

    集中していろんな事をあれこれと。あれこれ妄想しながらあれこれと。時間になったので店へ。店に帰ったらなんと!郡山のピークアクションのオーナーじょんちゃんから「郡山、おらが町のいいもの」パックが送られてきていた!

    びっくり!そして中にはとってもとっても嬉しいお手紙が。。。どこまでいい方なんだろう。郡山ピークアクション。感動しすぎて、お手紙は後からまたゆっくり読んでみよう。今日は私の大好きなイベント、これ!


    ふらんす座

    「ふらんす座8分間劇場第八回〜自作自演劇場〜」

    出演

    コンバイン若岡


    山田めい

    末武太
    今日はなんか面白い。きっと絶対に面白い。そんな確信のある出演者だった。おかげさまでソールドアウト!順々にリハに来る出演者たちは皆一様に重い緊張感を携えている。そういうイベントのほうがいい。軽くないほうがいい。どうせやるならそのくらい吐きそうな程の緊張感があったほうがいいイベントになるという事を知っている。私も今日、さっき作ったウサギのネタでオープニングショーを。ここでうまくいけば京都のキャバレーへ持っていこうかしら。「ウサギさん急に身長が伸びる」ネタをヲルガン座で繰り返し練習。スタッフのユイヤに「この頭おかしくないかな〜」を繰り返す。「うん、どうだろ?」を笑いながら繰り返すユイヤ。こうしてみんな日々生きているのだと。

    そして始まりました8分間。満員御礼。結果頑張ったウサギショーはちょっと微妙だったとしても、

    盛り上がりはそのままオープニングへ。

    本日の出順を決めて

    早速!

    一番目零。


    暗転と明転をうまく使った無声劇。本当の自分への模索を表現するかのような。見えている部分と隠れている部分はどちらが本物で偽物か。なんて答えはあるのだろうか。永遠に続く螺旋階段のような8分間。きっとオチなどはいらないのだろうと思う。

    二番目末武太。

    ベテラン。ベテランな筈だがこの人が一番精神的に追い詰められていたように思う。普段から見られてるという事実だけで不利な事も知っている。お馴染みの!は決していい事ばかりではない。8分間においては不利に働く事も多いだろう。そのプレッシャーを見事に跳ね返した感のあるパフォーマンス。

    三番目山田めい。


    演劇界でも好きな役者の一人。始めから薄暗い照明で展開するこの芝居は、リアリティーさを伝えたい訳ではない、という事をはっきりと意味づける。大きな鳩サブレを運ぶという衝撃の内容が心に響く。オチが、、オチが間に合えば、、、の無念さ。これが8分間初回あるある。

    四番目コンバイン若岡。

    始めにテーブルを並べミニラジカセを三つ並べる。そこからいろんな音が流れ、途中からだに下げていたもう一個の機材からも音が流れる。この機材から流れる何かしらのナレーションによってこの芝居のストーリーがはっきりする筈らしかったが、私は一番前なので前の3台のノイズによって大事なナレーションが聞こえなかった、、、みんなは聞こえていたらしい。私はコンバインの夏の日の1日のドキュメンタリーかと思っていたら全く違う内容だったらしい。
    そしていつものような結果発表。

    私はこの瞬間が面白くもあるしワクワクもするが辛くもある。だって4人いたら絶対に1位から4位までいる訳で、4位の人がダメだったという事ではなく、好き好きの差なのだと。だから本当は順番にそこまで意味はない。結果は末武くんの優勝だった。

    この優勝を聞いた時の末武くんの顔。忘れられない。

    今回彼は頑張った。お客様のほとんどを集客したのは彼だった。そういう事も私は評価したいのだった。皆様にメールをする大変さ、よくわかってる。頭をさげる事、誰もお願いゴトをするのは好きではない。そんな中で彼は一番頑張ってやってくれたのだった。もちろん内容も素晴らしく考えられたものだった。だから全てがプラスになっての優勝。おめでとう!二位の山田めいに1票差。


    さてさて。今度は私の番だ。明日から京都へ。


    まだ案の定なんの準備もできていない。でも今日はもうどうする事も出来ない。

    10月26日 そろそろ冬支度を。シフト会議。

    • 2015.11.02 Monday
    • 10:21
    10月26日

    さてさてさてさてさて。。。。考えることが多すぎる。考えることがおすぎてパパんがパン!そういう盆踊りの曲をアコーディオンで作ったらいいことあるかな

    今日はシフトミーティングしたりなんだり。

    店のこともきになることが多いが、とりあえず今日はキャバレーの事を。あと数日はキャバレーの事を。


    ここのシフトはみんなで決める。

    今日は髪を真っ黒にしてきました。

    これは女性としての冬支度。

    明日からまた頑張れますよう。



    そろそろいろいろ冬支度を。

    Check

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << July 2016 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM