ゴトウイズミのこと。

歌 アコーディオン キャバレー ヲルガン座 ふらんす座などをやってます。
4月15日 面接の度に。苦労のメニュー看板書きと好きなアコーディオニストについて語り合う夜。
4月15日

朝バイトの面接を一件。有り難い事にたまに連絡を頂き面接をさせて頂く。今アパートやヲルガン座はスタッフ急募なのだが、誰でも言い訳ではない。スタッフは店を回すだけの駒ではない。なのでどれだけ仕事内容が楽な訳ではない事、なんとなくのバイトでは困る事、条件も大手みたいにしっかりとした保証がつけられない事など悪い事も丁寧に説明させてもらう。でもいいことも楽しい事ももちろん沢山ある。店はスタッフが作っていく。そしてみんな仲間であり家族であり、信頼でき安心感が無いと駄目だと思っている。「たかが仕事じゃないか」そういう人はきっとこのビルには向かないのだと思う。そんな中ここを選んで来てくれてる愛すべきスタッフは心から大事に思い守らなければならないと思ってる。面接をする度にそんな事を考えている。

その後水道工事。古いビルは最高なのだが、古いなりにいろいろある。いいものにはいつもそういうリスクが混在しているのだなあ。だから可愛いのかもしれぬ。


昨日いっぱい寝ていて元気なので店で一人仕事をちょこちょこしているのだが、たまに煮詰まる。そんな時はあえて喫茶店へ。今日はパルコ。薄暗い店内は絶好の仕事場所だ。こんな場所がいつまでもあってほしいので今日もせっせと通っているのかもしれない。

その後フリップミュージックへCDの返却。3号のピンクのTシャツの色が可愛いなあと思っていたら、それは本来赤のTシャツの色があせただけらしい。結果が良ければどんな仕事でも演奏でもTシャツでもオーライなのだ。

アコーディオンを少し弾く。数日弾かなかったらすぐに弾けなくなるフレーズがでてくる。どうしたもんかな。

夕方からアパート用の外のメニュー看板にいよいよ取り組む。さすがに重い腰をあげないといけない時期になってきた。

ここらのスタート。絶望的。


とりあえず、写真だけレイアウトする。


諦めて文字を書いていくうちに時間になった。

今日は8時よりアコーディオン部。来月発表会があるのでみなそれの練習と相談で少し必死。わりと新しいほうの部員のぽよんさんが、凄い上達をみせており、みんなで驚愕。すげー私より出来るし笑。そのぽよんさんが弾いたナントカという曲が凄く良かったのでそのコード進行を頂いて曲を作ってみる事にした。発表会までに作ってみる!

私にわかるようにコード表を作ってくれる原田さん。いつでも私の世話をしてくれるから好き。

部活終了後、原田さんと久しぶりに話し、お互い好きなアコーディオニストの話をした。もう原田さんとも付き合いは長くなってきたが、お互いこんな話をするのは初めてだった。好きな女性のプレイヤーは同じだったが、男性のプレイヤーはちょっと違った。二人ともこの話は面白いという事で盛り上がる。夢はそんなプレイヤーを全員呼んでヲルガン座10周年で「アコーディオン」というイベントをする事だ。絶対に叶えてみせる。

風邪早く治してくださいね。

店の営業終了間際にようやくメニュー看板書き終了。辛かったが、出来た事への充実感。ようやく出来た、、、疲れ過ぎ、、、

えーん(≧∇≦)頑張ったよ!
誰かほめてー!と思ったら、エリさんやなべたんが一生懸命ほめてくれたのでそれで全てが報われる。

褒めてもらってうれし!
基本麦のように叩かれれば伸びる性質なのだが、たまには褒めてほしい時もあったりするの。。。。わたし。

そうそう!18日に凄くいいイベントがある。もう必ず楽しくなるようなショータイム。バーレスクあり!ボードヴィルあり!お洒落なバンドあり!これはヲルガン座的にもすごくおすすめ!世界に通じるようなこういうショーを一度体験してほしい。まだまだご入場できますよ。

ヲルガン座
「Baron & Cherry Typhoon Presents
「Casino Folies 〜桜が咲いたらボードビル〜」」*Casino
Foliesは、ボードビル黎明期〜黄金期の1920's〜40'sミュージックをモチーフにお送りする、ボードビル・バラエティショー。バロンとチェリータイフーンが、粋なダンスと楽しい歌、愉快な軽演劇で人生の悲喜劇を描きます。美味しい食事やお酒とともに、今宵は貴方もボードビル!サアサア一緒に浮かれましょ♪

open19:30
start20:00

ご予約2500円+1order
当日3000円+1order
ご予約は、お電話【082-295-1553】か、メール【organzainfo@gmail.com
】にてお願いします。その際、お名前と人数、お電話番号をおねがいします。

出演
チェリータイフーン
バロン

ゲスト
ゴトウイズミ(http://gotoizumi.net/)/Rue de Valse(
http://takehito.exblog.jp/18426711/)
| ゴトウイズミ | - | 10:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
4月14日 弱音を吐く事人は3人まで。「横川シネマ大同窓会」出演者、第二弾発表!
4月14日

強く生きねば、と思っているが弱音を吐ける人もほしい。私にはそんな人が3人くらい居てるので大丈夫。3人も居てるので大丈夫。大人になったらべたべたした友人はいらないが、そういう人はみんな必要なのだと思う。

朝、横川シネマへいろいろな打ち合わせを中心とした雑談。へんてこな流れでマチルダに連絡し思いがけず面白い方向へ。
この風景もそのうち変わるのが寂しい。


昼中村屋にいってネコバコのミエコさんと打ち合わせを中心とした雑談。この人、今も昔も私にとってなくてはならない大事な友人。


その後、スタッフスギちゃんとピヨちゃんとWEBの打ち合わせ。やっとこさ「十日市アパート」のWEBを作る事に。遅いでしょー。店の看板もいい加減作んないといけないけどまだ作れておらず。まあ、そのうちにね。

昨日ライブだったキングブラザーズという大きな音のバンドのケイちゃんが、私が居ない時にメンバーとアパートに来てくれてたみたいでCDと長い汚い字の丁寧な手紙を残してくれてた。

会えなくて残念。みんなくる時は来るって連絡ちょうだいよ。

今日はスタッフのまーくん(女子)のお誕生日だった!スタッフの誕生日を一緒に祝える喜び。こうして毎年一緒に年を重ねていくのだ。

まーくん、おめでとう!また今年もよろしくお願いします。


まーくんのケーキの皿に時を書くスギちゃん

福岡のTIME MARKETというフリーペーパーがあと少しで休止するという事で、それのコメント書き。いろいろ書いてみたが、やっぱシンプルなほうがいいと思い、言いたい事や思ってる事だけシンプルにまとめ送信。
7月にあるTIME MARKETの打ち上げイベントにも参加させて頂きます。
遠いけど近い戦友みたいなものでした。

6月27.28.29日にある横川シネマ!!での「横川シネマ!!大同窓会」の出演者の追加発表。

出演者第二弾!


CINEMA dub MONKS


Ett


のっこん
です!

ますます豪華になってきたよ。これが一気に見れるなんてお祭り騒ぎ。横川シネマの今の最後の風景として是非ご参加くださいませね。

音楽っていいよね!と最近思ってますわ〜



| ゴトウイズミ | - | 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
4月13日 雨の中の layer of perspectives #24 。ヲルガン座のアンビエントな夜の風景。
4月13日

今日6時間寝た!最高。このくらい寝てたら肌にもいいはず。きっといいはず。
今日は外は大雨。ひっさしぶりに降ったんじゃないの雨。雨もたまにはいい。今日もアパートのランチにシフトイン。いっぱい寝てるから楽しく仕事してました〜。今日はそんなにピークもなくゆるりとずっと来る感じなんかな。この休日のランチの風景って好き。みんなが時間を楽しんでいるのは凄くいいな。私もそんな時間もってみたい。と少しジェラ。

今日はこれ!
■ヲルガン座
「‐ layer of perspectives #24 ‐」
べっさんの電子音楽の集いイベント。いつも間違いないセレクトで楽しみにしてる。私アンビエントの人達って好きだな。いい感じでドライでみんな柔らかくおっとりしてる。そして気持ちのいい神経質だ。

今日もべっさんがいろいろやってくれたので、私は凄く楽をさせてもらった。ホンマに有り難い。ありがとう!

一番目トリュウエイシ

本名なのだろうか。控えめなギターの持ち方をしているので、きっと良い人。頭なでなで系の人見知りサウンド。

二番目kneeeeee

今日ちょっと緊張してる?のがとても可愛い。いつものピカピカボード(名前しらなくてごめんね)を一生懸命見てる姿に好感。今日は随分popだったな。

三番目Gallery Six

水の音に立体的な空間のあるサウンド。あんまりライブしないって言ってたので見れてよかったです。

四番目stabilo

今日のスビ太は攻めるだけではなく、クオリティをより追求する感じがよかったな。イベントを主催し、他のアーティストのお世話をし、PAまでやり、自分も最高のライブをする。これはなかなか出来ないこと。私にはわかる。スビ君あなたは素晴らしいよ。お疲れ様でした。横のビール瓶が切なくて○

五番目fourcolor

この頃になると雨もやんできた。夜も深まった頃に合わせたように繊細且つディープな音だった。私には難しい事は良くわからないけれど、
fourcolorの音は目を瞑ると急に感覚が研ぎすまされてきて、頭が無になる。これぞ電子音楽の極み。こういう脳内にすぐに入り込んでくれる世界は格別なのだと思った。

六番目moskitoo

唯一の女性。このタイミングで女性というのも素晴らしかった。声とギターを上手くエレクトロニックな中に混ぜ込んで世界観を一気に見せるんだけど、それでいて凄く優しくて女性的でその場に居た人は彼女の容姿も含めてぼーっとなった。女っていいな。女の声っていいな。なんか私単純にそう思ったもん。

そして今日の営業部長。

マイマイは今日は結構ひねったDJを展開してた。この人あらゆるDJのスタイルがあっていつも面白い。そして今日は自分のイベントの営業にいそしんでおり「そうか、こんな風にして営業しないといけないのか」と大変勉強になった。私にお金があったなら、マイマイに仕事がなくなったなら私の仕事で雇いたい。そんな人。いつかよろしく。

今日はもう夜の通常営業はなく、頭ん中きっちり電子音楽で占めた夜でした。
みんなお疲れ様!
たかやす君、スーツケース忘れてるよ!




| ゴトウイズミ | - | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
4月12日 朗読劇とまーくると諸々っ。Lou Reedとともに。
4月12日

最近車の運転中Lou Reedばかり聞いている。今まで一度もはまった事はなかったが、今がそんな時期なのだろう。妙に意味がわかる気がするのだ。気分がかなりフラットになる。


昨日からカフェオレの牛乳をソイに変えた。少しでも動物性じゃないものを体にいれたい。

今日はこれ!
■ふらんす座
「朗読劇 父と暮せば」
原爆投下の後の広島を舞台にした朗読劇。出演のありすさんが中心になって作ってきた舞台らしい。リハを少し拝見させて頂いたが、かなりのクオリティ。これは本番が楽しみだなと思っていたら、なんとお客様が多くて見られなかったという事態に。内容は1時間半の長い作品なのだが、終わって入ったら皆様感動で涙。被爆者の方もいらしゃってて、熱い感想を述べられていた。この模様はNHKの「おこのみワイド」という番組で特集されるらしいので18日の放送をよかったら観てください。わー観れなくて残念だったな。


その後、昨日も演奏してくれた久保田涼子バンドのミニライブ。昨日よりさらにものびのびと歌っていた久保田さんが印象的だったな。

芝居からの流れって、何か違うのかもしれないな。


みなさん、ご苦労様でした!

夜は珍しくイベントがなかったので五日市のまーくるという店へ行った。名古屋のとりい君がまーくるにライブに来るというので、とりい君に会いに。とりい君は名古屋の人でいつも私が名古屋に行くと、純喫茶からライブまでいろいろなお世話をしてくれる。そんなとりい君が広島にライブ来るなんて事になったら行かない訳にはいかない。場所は何気にお世話になっているまーくるというカフェ。もう何年目かになるのに一度も行けてなかった事を詫びる目的もあったり。

行ったらまーくるは可愛い屋台なんかが出ててお祭り騒ぎ。知った顔もあってなんだか楽しい。とりい君はもう調子良く飲んでおり、楽しそうでよかったな。
今日はいろんな出演者が出てて面白かった。

ジャンベとアフリカンダンス


カワちゃん!和むよっ!


最後沖縄のおじいのバックをみんなでやる、というのにとりい君はちんどん太鼓で入っており、凄く楽しいライブだった。私も違和感なく踊り気分的にはフィーバーしてたっ。なんかこんなに無になる事もないなぁ〜。

とりい君にお礼を告げ、まーくるに今までこれなかった事を詫び、すっきりして十日市へ。たまに外に出ないとだめだな〜。なんか気分が変わってよかった!

帰ったらフォトグラファーの浅野君との今度のふらんす座トークショーの打ち合わせ。

前から知りたかったスマホのカメラアプリのあれこれについて、フォトグラファーの方からレクチャーして頂こうというトークショー。これ、ちょっと良くないですか?当日は3人のフォトグラファーが来て無料のカメラアプリをメインにいろいろ説明してくれます。絶対いいと思うよ!そんなイベントは5/14です。

その後今度はコクオウ様と打ち合わせ。

真剣に考えてる風、を、作ってくれるコクオウ様。そんな所も仕事ができる。
来月まくら屋でやるヲルガン座プレゼンツ「まくら座」のイベント詳細を、私一人で決めるのは辛かったのでコクオウを抱きかかえたのであった。二人で話せば、話って進むもんね。おかげさまでかなり楽しいイベントになりそう。そんな「まくら座」は5/23です!みんなお待ちしております!

よしゃー!進めるぞー!

明日はね、いっぱい寝ようと思うんだ。


| ゴトウイズミ | - | 16:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
4月11日 久保田涼子トリオ×asa:leeとタイムマーケットと変な汗かく夜に。
4月11日

朝の少しの時間でも練習したくって早くきてアコーディオンを弾いたけど眠くてすぐやめた。
ランチで働く事はスポーツだと思っている。そこには文学とかはなく、ただただ要領と効率とキャリアとそして愛があればいい。まあ愛が一番大事なんだけど。それと感謝ね。今日はミナさんと二人で入ってたけど、ミナさんはとても仕事が出来る人でお料理とホールの両方できるから、いつもお料理担当してる事が多いので、私と入った時くらいは、なるたけ私が料理をしようと思っている。だから今日も私がお料理担当。今日の日替わりパスタは「ホタテと大葉のたらこ和風パスタ」だった。これが人気があり、私はずっとパスタを湯で続け、たらこやら何やらを鼻歌まじりにフライパンで炒めていた。でもこんな生活も気に入ってる。
2時半になって少し落ちついたので銀行にいきたいな〜と言ったらミナさんが極上笑顔で「ここは大丈夫だから行ってきてください」と言ってくれた。ここで働いてくれてるスタッフはみんながみんなすてきな人達。

ランチ終了後はリハ。今日はこれ!
■ヲルガン座
「久保田涼子トリオ×asa:lee Wレコ発ツアー「春風 -Harukaze- 」」
久保田さんは広島出身で今は東京で歌を歌っている心が健康な歌手だ。だからいつも私はこの人がまぶしい。今回は名古屋で演奏をしているasa:leeという女性ユニットと二組でレコ発でヲルガン座にきてくれた。それに加えてこれまた広島出身で東京で活動している
PORIというタップダンサーが加わった楽しげなイベントだった。

一番目はasa:lee。

歌とピアノというシンプルな構成。歌唱力が高いので表現力も高い。きれいな歌を歌うのに気取っていないところが好き。アウェイなのにみんなを引きつけて伸びやかに歌ってました。ありがとう!

二番目PORIのタップダンス。
ヲルガン座ではあまり今までやってきてなかったタップダンスだったので興味津々。体全体が楽器になるなんてすてき。でも私には無理。ありがとう!

三番目久保田涼子トリオ

久保田さんの歌は思い切りがいい。そして伸びやかに歌う。それが自分の使命だと思って歌うかの如くそうやって歌う。そして伝えようという思いが強い。そういうミュージシャンは強いな。私もいつかそんな風になるのだろうか。(なれない気がするけど、、)
ありがとう!

最後はみんなで!アンコールも二回あり楽しく伸びやかな素晴らしいステージでした。


お客で今日は姫石ミミさんと椎名さんがいらしゃった。「どうも〜〜」と言って入ってらしゃった二人に正直焦り怯えた。7月にこの二人とミュージカルショーをする事になってる。が怯えている。広島でも屈指の出来る女代表の二人はバリバリのミュージシャンでありバリバリのいろんな事でやり手姐さん。私なんかこの二人に挟まれたらまだまだひよっこ。の二人が「ね〜今度どうする〜??ねぇ〜」と二人に詰め寄られ私はただ怯え焦るばかりだ。暑くもないのに変な汗。「そーっすねー!がんばります!」と言ったが怖いー。今から怖いー!「楽しみましょうね〜ん」と笑顔だが威圧感あり過ぎ!笑。

ヲルガン座でやる事は決まっているがホームなのにアウェイ(;´Д`!
二人のやり手姉さんに人生もろとも教わる予定。そんな恐怖のミュージカルは7/24日だ。

話は戻って、今日の出演者で打ち上げもしてくださった。始終和みムードで終え皆さん明日もあるという事で割と早々にお帰りになった。笑顔で見送りふと残されたテーブルを見てみたら
asa:leeの二人がまだ景気よく呑みあげていた。あまりにこの光景が可笑しかったので写真を撮った。

ら、

確保された。

その後呑んだくれasa:leeといろんな話をした。この光景でわかると思うが最高に可笑しかった。

asa:leeを無事に見送り、まだ二階にあがってこないアパートのスタッフの様子を覗きにいったらまだ1時も過ぎているのに仕込みをしておった。

こんなに遅くまで黙々を働いてくれてるスタッフは本当に宝だと思う。大切にしていきたいなと心から思う。

こんな風景がこのビルを支えている。

夜も2時を回る頃、もう私の疲れはピークでパソコンの前でころっと寝てしまう。ちゃんと見送れなかった方々すいませんでした。

そういえば福岡の日頃からお世話になってるタイムマーケットというフリーペーパーが休止するという連絡がきた。

6月で200号。200号!である。言葉とは簡単なものだがこれを17年間に渡り出し続けていた事に敬意を表する。並大抵の事ではない。私は出来ない。これが200号で休止。
以下タイムマーケットの方からのコメントを転送。

TIME MARKETより皆さんへ
地元、福岡の音楽を中心に様々なカルチャーの情報を紹介するフリーペーパーとして毎月発行してきた「TIME
MARKET」ですが6月発行の200号を持って発行を終了することになりました。
足掛け17年に渡った私共の活動にご理解をいただき広告の出稿やご協賛いただいた各店舗、企業の方々には感謝の気持ちでいっぱいです。取材にご協力いただいたり、記事のライティングを引き受けて下さった関係各位のサポートには大きく助けられました。
そして、何より毎月の発行を楽しみにしていただいている読者の方々の存在がスタッフの一番の励みとなっていました。
「TIMEMARKET」の発行が終了しても、福岡の様々な会場で新しい文化が生み出されていくことはきっと変わることはありません。そんな現場では1人のファンとしてこれからも楽しんでいきたいと思います。
TIME MARKET スタッフ一同

みなさん、お疲れ様でした。タイムマーケットの存在は確実に福岡の音楽シーンの中心にいつも居た訳で、それを毎回手にする人達は多かったはず。
心からのねぎらいとおつかれさまの気持ちを持って、です。
コメントを書かせて頂けるみたいなので読んでもらえたらと思います。


今までありがとうございました。



| ゴトウイズミ | - | 14:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
4月10日 偶数月の音楽実録。しっちゃかめっちゃか自由だったでshow!!
4月10日

毎日こうも馬鹿みたいにブログを書いておるのはきっと記憶を無くしたくないからだと思う。進行形の今と先の事でしか考えて生きていないので、古い記憶はすぐに無くなって更新されてしまう。もしかしたらいろんな出来事が、毎日息を吸って吐くかの如く消えていくような気がしてる。それでもいいとも思うのだが、たまにそれが凄く悲しくなってしまうので、こうして日々記していくのだと思う。要は毎日毎日思い出作りをしていってるのかしらね。

朝一で出ようとおもったら、服を選びながら寝てしまってた。服の上で丸くなって。昨日忘れ物をした圭一兄さんの電話で目が覚める。はっ。起こしてくれてありがと。寝てて凄く寒かった。大慌てで家を出た。

今日はこれ!
■ヲルガン座
「ヲルガン座ディナーショー ゴトウイズミの偶数月の音楽会〜2人のビッグショー〜」
今日は秋本音楽事務所社長と二人で一緒にディナーショーをする。一部にお互いの弾き語り、二部でおふざけ歌謡ショー!だった。でもこのセットに数日前から違和感を覚えており、今日やっぱそれがはっきりとしたので、社長に電話して一部と二部を逆にしてもらった。やっぱ私たち弾き語りのほうがメインだし、それをちゃんと聞いてほしいし歌いたい。社長は私のわがままをすんなりきいてくれたので安心した。

リハはね、うん、楽しかったよ。


衣装は楽屋にあがってから決める。歌詞も楽屋に入ってから覚える。メイクもするしネタも決める。本番前って私結構忙しい。
いよいよ本番。

社長、私なんにも考えてないし覚えてないけど、、

よろしくお願いしますー!!!

一部歌謡ショー。

基本社長がセレクトした曲を歌う。一曲は自分でえらんだかな。ネタも社長が本を書いてきてくれた。それを私が崩すだけだ。”社長とOLイズミ”のコーナーはやってて楽しかったな。

会社ってこんなんなのか。ここで6エロ頂きました。ありがとうございました。

歌詞もけっきょくあってないようなもの。反省は少ししたけど、お客様と触れ合えた楽しいステージでした。
まあ基本くだらないショーだけど、楽しくやったほうがいいなと思ったよ!


二部弾き語り。
一曲づつ交互交互に歌う。
お互い考えたナレーションを相手に読んでもらいながら歌をうたう。私はお真面目に書いたのに社長が読んだら基本可笑しくなってしまうので困った。読んで頂いてから少しリセットしてから演奏。今日はちょっぴり演奏が自由だった。ほんの少しだけ。自由だった。

ヲルガン座で初めてみんなの前で歌う「夜半過ぎのホテル」という新曲も歌えてうれしかった。社長の新曲も可笑しいけど切なくてよかった。歌ってその人の人生が出るんだな。歌っていいな。
最後は二人で思い出のアルバムを一緒にうたった。気持ちがいい終わり方だった。


今日一部で歌った曲はどれも素晴らしくばかばかしかったけど、好きなフレーズあったな。
東京キッドでは「おどるおどりはジタバーグ」っていう所が好き。
東京ナイトクラブでは「どなたの好み?このタイは」という所が好き。
忘れていいの、は特になかった。

社長と今回こんなショーを一緒に出来て楽しかった。適役だったな。社長は出来る男なので普段私がやっている事も、社長がやってくれたりした。凄く楽だったので感謝した。でもいつも社長が横に居る訳ではないので人に任せる楽さを覚えないようにしよう。

社長、死ぬまでにあと二回くらい一緒にやろうね。ありがと!

夜もふけ、みんなと挨拶がてらのおしゃべりをしながら、もうかなり疲れてた。あとの、溝たんとの打ち合わせ。最近私がブログとかTwitterとかで、溝たんが私の煙草を勝手に吸う、という事をちくった事への腹いせに新しい煙草を買ってきてくれた。そして結果、今日もそれをばんばん吸っていた。
もうみんな煙草なんかやめてしまえ。健康によくないしお金だってかかるんでしょ。でもね。私はね、煙草を吸うということが好きなのよ。それで女の価値が下がっても平気。そんな基準しかもてない人はそんなもんだと思ってしまう。

来世ではもっときっといい女にうまれよっと。


みなさま、今日はありがとうございました。


| ゴトウイズミ | - | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
4月9日 山口洋と圭一兄さんとの夜に安定した夜。頑張らない事を頑張る。
4月9日

カフェオレを飲んでいる。毎日飲んでいる。毎日カフェオレと感動で生きていけたら素晴らしい人生だ。と、ふと大真面目に考えてしまうのは病んでるせいなのか。今日山口洋兄貴に「どうせおれらは病んでいるから」と言われたので、やっぱこの考えは病んでいるのだろう。でももうそれでいいよ。

いつもの通勤時に通る道の、いつもの風景がかわってた。作って壊して、壊して作って。


朝の買い出し。
給料や取引先への振込。200万くらいの金があっという間に消えるのでそれが可笑しくって、思わずクスクス笑う。あまりにも可笑しかったのでこの瞬間を誰かに報告したかったのだけどやめた。

店に着いたらすぐにアコーディオンを弾きたかったのだが、店には一人のはずなのにいろんな処務があってなかなかそこまでたどり着けない。アコーディオンちょっとだけ弾いたところに、洋(山口さん。でも今日は敬愛の意味を込めて洋と呼ぶ)到着。この人は年々男をあげていくので不思議。荷物を一緒に運ぼうとしたら「女性に荷物は持たせられないよ」とかっこいい事をおしゃった。でも私、30キロくらいの荷物平気で運ぶので大丈夫です、と言って運ぶが結果、洋(山口さん)が殆ど運んだ。世の中の男性達、こんな男はやっぱモテると思うよ。

今日はこれ。
■ヲルガン座
「on the road,again / rolling 50」
洋(山口さん)の久しぶりのライブ。今日は博多から圭一兄さんもやってきた。
洋(山口さん)は毎回私を見ると、必ず何か一言発してくれる。前々回は「お!相変わらずいい女だね!」だった。前回は「疲れてるね〜」だった。ショックだった。なのでこの人に会う時は緊張する。今回はなんと言われるのだろう。そして今回の再会。何も言われなかった。
そんな時もある。
今日(昨日だったかな?)、洋(山口さん)のアイルランドのお母さんと呼んでいる人が亡くなったそう。そんな時は何かが違う。そしてやっぱり違っていた。音が凄かった。もう本当に凄かった。

音楽って、曲調とか技術とかはもちろんなのだが、やっぱ気持ちなんだと思った。この、どう言っていいんだろう、気持ちで演奏する、それがみんなに伝わればいいミュージシャンなのだと思った。そんなこんなで本当にびっくり引き込まれる程のいいライブだった。一人で演奏してるはずなのに、バンドみたいだった。凄い迫力だった。


二部は今日から合流する圭一兄さんがベースで加わる。

兄さんのベースはロックで静かでかっこよかった。まあ、兄さん自体がかっこいいからな。大人の不良はかっこいいな。兄さんが不良かどうかはわかんないけど。
洋(山口さん)は兄さんが入った二部は緊張する!と言っていた。増えるのに。笑
そして洋(山口さん)は私の頭を何度もなでた。この人の前にいたら私はまだまだ子供。そんな安心感に包まれてた夜だった。

帰り際一緒に片付けながら洋(山口さん)に私は今から何を頑張ったらいいのかな、と聞いてみた。そしたら
洋(山口さん)は「イズミちゃんは頑張らない事を頑張れ。おれみたいに一ヶ月くらい休んでコロラドにいったりさ」と言った。む、無理だ、、、、無理だけれど、考えた。一番難しい宿題を
洋(山口さん)に出された感じだった。


みんなを見送って、外に出たらアパートにヲルガン座から閉め出された常連さんが沢山いるのが見えた。

一人一人に挨拶し、おしゃべりしてまたヲルガン座にあがった。

23時から明日のディナーショーのリハ。歌う曲をまだ覚えていない。
動きも決まっていない。来てくれた社長と一緒にふりを考える。いろいろ試行錯誤してみるが、結果、やっぱりその場の状況で動く事にした。またか。

明日は大丈夫なのかな。
うん。きっと大丈夫。



| ゴトウイズミ | - | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
4月8日 アコーディオンはなんでこんなに重いのだろうかとマックでチンザノと一緒に考えた夜
4月8日

朝水道局の人が来るので早くに店に来た。水道局の人は私に「家主さんはいらっしゃいますか?」と聞くので「家主はいないですが私が来ました」と伝えると「オーナーさんじゃないと話がわからないんですよ」と言うので「私がオーナーです」と伝えると「あなたの名前は」とか「あなたがオーナーなの?」と何度も聞いて店に入るまでに3分はかかった。こういうやりとりがいまだに多いのだ。謎だ。

午前中は6月の横川シネマでのイベントの作業&店の事務作業。その後に少しだけアコーディオンを弾いた。最近ベースボタンの音に少し違和感を感じてる。あんまり大きく蛇腹を開くものだから少し嫌がってるんかもしらん。そろそろ調律に出す時期。以前は名古屋の山本楽器の山本さんにお願いをしていたが亡くなってしまった。毎回お手紙をくれるいいおじいちゃんだった。初めて電話した時にもう私の事を知っていてくれて感激したのを覚えている。亡くなられた時本当に悲しかった。それ以来いい調律の方に出会えていない。またそんな人と出会えるのかな。

17:00。アルバイトの面接の方がいらしゃった。とっても可愛い女子だった。この子が入ったら常連さんは多分大喜び。絶対大喜び。来週あたりから体験入学するんでチェキってね。

18:30。アコーディオンを背中にしょってユウコさんにチャリを借りて街へ。ちょっぴり時間があったので、舞台用の靴が欲しくて禁断のロリショップへ。ううー禁断なだけに染みる!こういう場所がやっぱ好きなのだー。買うつもりは無かったのだがエナメルの可愛い形の靴を注文してしまう。もう大人なのにどうしても買ってしまう。その後帽子屋へ行き、ここでも気になっていた緑色の帽子を買ってしまう。

うはうはで現場へ向かう。今日はMACの新年会だ。MACとは広島でも由緒正しき不良の大人が集まる名物バアで毎年この時期に「新年会」という名の演奏会をやるのだ。出る人はみなそれぞれにプロな方が多いのだがみなノーギャラでマックさんに日頃の敬意をここで評す。私も有り難い事に今年で5回目かな?お誘いを頂いているので、そんな中に混じって敬意を評す。私はMACが好きだ。いかがわしくて気取らなくていいし、汚くてもいいしお酒と煙草が似合うそんな店だ。そしてここの人たちは皆私の事を「イズミちゃん」と呼ぶ。そう、ここでは私は相当な若手なのだ。そんなところも好き。いつもMACに来たら飲んでしまう。

飲む酒はいつものお酒。
美味しいお酒が飲めてしまうので毎年新年会は酒を飲んでから歌う唯一の場所なのだ。演奏が狂うとか上手いとかそんなんじゃない。

今年も絶対和田さん。
MACが好きで歌えばなんでもいいのだ。今年も歌わせて頂き、ありがとうございました。MACがいつまでもありますよう。

大好きなボクちゃんと、

大好きなマックさんと。

MACでいい調子で飲んだもんだからアコーディオンをしょってチャリに乗るのが困難で困った。進まない。途中挫折して原爆ドームの前で休む。こんなして原爆ドームの前に座ってる事なんかないなあ。だから結果よかったのよ。


その酔った勢いのままフリップミュージックへ。酔った勢いで愛人の元にいくように吸い込まれそのまま会員になってCDを5枚も借りた。ってかまだ会員になってなかったのか!という事実。

お世話になっております!私が酔ってる事をいいことに「そろそろ僕のTwitterをフォローしろ」と迫り来る3号を払いのけ帰宅(店に)。

23:15。23時からの溝たんとの打ち合わせに遅れたので申し訳なく、どう謝ろうかと思っていたらまだ溝たんは来ていなかった。おーい。随分遅れてきた溝たんは私の煙草を無断でバンバン吸い続け6月のイベントの詳細をつめる。

2時まで詰め詰めして、イベントのタイトルやその他の詳細を決める。後は第2弾の出演者の発表と一緒に出すだけだ。明日にでも全て発表できるのが理想だが、あさってあたりかな。

終わりがけ、ふらんす座からポッドキャストの収録を終えた仲良し4人組がおりてきた。

大人なのに、みんなきっちり青春を忘れてないね!!!
酒が少し入るとテンションはやっぱ高めだ。


そんな夜。




| ゴトウイズミ | - | 20:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
4月7日 偶然月の音楽会のお知らせと横川シネマでのイベント出演者第一弾発表
4月7日

10日の「偶数月の音楽会」に備えての準備が全く終わっていない不安。どうするんだ私。新曲の発表もあるし不安いっぱいなのだが、頑張る。いつまでも不安定なミュージシャンでいたくない。歌は不安定でいいんだけどね。

午前中から練習したかったけどいろんな仕事が点在しておりアコーディオンまでたどり着かない。

マックは新しくしたけど情報転送が上手くいっていない。やもうえず二台のマックとiPadとiPhoneと四つ並べての仕事環境がなんか凄い人みたいだが、なんのこっちゃない、わたわたしているだけだ。

今日は「偶数月の音楽会」用のリハを社長と。今日やっと手をつけた案件も多くどうにかこうにかのリハ。あと2回でどうにかなったらよい。なのでみんな見に来て!!!


4月10日(木)
ヲルガン座(この日のヲルガン座は通常営業です。)
「ヲルガン座ディナーショー ゴトウイズミの偶数月の音楽会〜2人のビッグショー〜」

開演20:30 21:30(2ステージ)
入場無料+投げ銭(要1オーダー)

*いつもと違う時間です。ご注意ください。
この日はイズミと社長の二人がお出迎えするビッグショーです!お互いの弾き語りあり、コネタあり、歌謡ショーありと盛り沢山。いつもよりもより楽しめる事間違いなし!!!
お待ちしております!

ライブチャージなどはございません。お気軽にお越し下さいませ。演奏が良ければ彼らにチップをお願いします。

プレゼンター:ゴトウイズミ

出演
ゴトウイズミ
社長

この日初めて新曲の披露します。社長も凄くいい新曲を作ってました。二人の新たなる1ページを!

昨日言うていた横川シネマでのイベントも同時進行。
早速出演者が決まっていってます。
そう、ライブのイベントは6/27.28で映画のイベントは6/29になりました。お知らせまで。


mama!milk


タテタカコ


二階堂和美


ガール椿


ゴトウイズミ

この他にも沢山でるよ!
また随時発表していくね。

その前にー!
みなさん、10日とりあえずきてねー!!!(≧∇≦)

| ゴトウイズミ | - | 13:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
4月6日 ユザーンとさぶちゃんの舞台裏話と、横川シネマとまくら屋についての大事なおしらせと
4月6日

桜がまだ咲いているのでちょっとほっとしている。桜は大好きなのでこの時期にいろいろ進めたいとおもってる。

今日もそうだし、最近ずっと昼のアパートのランチにシフトインしている訳だが、昼に働くという事に喜びを覚えている。私が言うのもなんなのだが、やはり人間は昼に働かなければならないような気がする。それを全てやめてしまった場合、その昼に集い活動している人々と戯れるのを無くしたその時点で感覚が大きく偏ってしまうのだろう。その事に関しては音楽や夜の世界に従事している分ナーバスになるくらい危ぶんでいるところがある。

今日はこれ!
■ヲルガン座
「新井孝弘 × U-zhaan」
久しぶりにユザーンがやってきた。今回珍しくユザーン自身のブッキングだった。5時過ぎになってやってきた二人と始めにやったのは、サウンドチェクではなくて舞台作りだった。

楽器が見えなければ意外と眠いだけの場合が多いインド古典音楽はやはりライブならではの見せ方がベストだという事で、みんなで舞台作り。カウンターのいすを持っていきステージに台を作る。はじめいすの上に板を重ね繕ってみたがバランスや安定が悪い。それで台を二つに分ける事にし、それぞれの台を作る事にした。しかしカウンターいすは安定が悪くさぶちゃん(新井孝弘)のサントゥールは膝に乗せるので問題ないとしてもユザーンのタブラはそうはいかない。それで急遽楽屋にあった発泡スチロールを敷く方向性に。

これを切るのもPAの仕事なのだ。てか、リハをしたい!これでユザーンの台が出来たので、今後ユザーンや他のタブラ奏者がやってきても安定した台が出来た。

これが、

こうなる。
結局リハを始められたのは6時も過ぎた開場20分前くらいから。
ユザーンに「イズミちゃんは思い切った音を作るね。そういうのインド的で好き。」と言ってもらい、ちっちゃいほうのタブラのチョイスもさせてもらった。

さぶちゃんは新井孝弘という名前なのだがさぶちゃんだ。なぜかというとサザエさんに出てくる酒屋のさぶちゃんに以前似ていたらしいのでインド音楽界のみんなさぶちゃんと呼ぶらしい。さぶちゃんはとっても天然なジェントルマンだった。


ライブは二部に分かれての構成。

インドの古典は1曲が長いし即興性が強いので2部といっても実際やる曲は2,3曲だ。私はこのインドの古典が比較的すきで、何が好きかというと真剣に観ていても引き込まれて最後は気持ちよい眠りについてしまうところが最高!くらいに思っていた。でもこれは悪い事ではなくそれでいいのだとユザーンが言っていた。ところが今日のライブはこの心地良い眠りというのに全くつく事が出来なかった。なぜなら凄く演奏自体が面白く気持ちが盛り上がってしまい、全く眠る事が出来なかった。寝たかったのに!

さぶちゃんのサントゥールとユザーンのタブラの演奏は音を一緒に走っているようでもあり追いかけているようでもあり、重なり合うかの如くぶつかり合ってまるでとても性的な感じがしたのだ。そういう意味でも演奏はあっという間に終わってしまい、まだまだ聞きたかったのに、という余韻を残して終わった。

お疲れ様!!

二部にやった「ハンサドゥワニー」という曲。ハンサは白鳥、ドゥワニーは音、波、という意味らしく、これは夕方に弾く曲らしいのだが、この曲が素晴らしかった。この曲が流れた途端、以前インドを旅していた時にガンジスのほとりの安いゲストハウスで体を壊し、初めて生死をさまよった時の事がフラッシュバックしてきた。あの薄暗いゲストハウスから溢れる光やら香り、音、温度がバババーとやってきた。本気でこんな所で死ぬんやな、と思ったもんな。音楽とは不思議だ。すっかり忘れかけていたいろんな事を思い出させてくれた夜だった。その時に私を看病してくれた元ねこ虫のほろちゃんも来てくれて久しぶりに会えて感激!


終演後、ミュージシャンなのにCDなどの音源は一つもなく、Tシャツと本のみを売るユザーン商店の物販は売れていた。帰り際にみんなで話してた時改めてユザーンが「実はさ、おれインド音楽得意なんだよ。でも求められてないの。」と言った言葉が印象的だった。確かにね笑。違うジャンルからばっか求められてるもんね。でもさ、そこでもっともっとユザーンとかさぶちゃんが売れていつかそんな人たちがインド音楽に向かうようになればそれでいいのだ。だからヨシダダイキチさんも含め、日本にいるインド音楽界の人たちには頑張ってほしいなあ。素晴らしいもんな。

今日のユザーンのマイクスタンドは私が死ぬほど好きな酒チンザノのロッソをチョイス。

二階堂とガンジーさんもライブにきてくれた。この3人で今度新潟のお寺で演奏するらしい。話を聞いていたらかなりトンデモない事を話していたので、近くの方は是非いってみたらいい。

さぶちゃんとユザーンが広島のグルメを求めて夜の街に飛び出していった後、ほろ酔いの二階堂とミーティング。

知ってる人は知ってると思うが、場末感溢れるオアシス横川シネマが7月に館内殆ど全てを改装する運びになった。これはただ喜ばしい結果、という訳でもなく(あくまで個人的な感情です)気持ち的には非常に微妙な訳なのだが
(あくまで個人的な感情です)決まってしまったものはしょうがない。何年もの間慣れ親しんできたものや風景が無くなるのは辛い。そこから新たなるページが捲られるのかもしれないけれど無くなってしまったものはもう二度と戻らない。それで二人で話し合い、この今の風景があるうちにここで最後のページを作ろうという事になった。

横川シネマはずっと昔、私の憧れの場所でもあった。ここでライブをする事が夢だった。正直溝口さん(溝たん)にも憧れていた。有り難い事に、今となってはいろんな企画で何度も演奏をさせて頂く事が出来たし、溝口さん(溝たん)も仲良く(多分)させて頂いている。
そんなミュージシャンやアーティストは多いと思う。この殺風景でちょっと汚くて場末でぼろぼろな椅子が並び歴史を感じる館内を、でもみんな愛していたしここでみんなと一緒にいろんな時間を過ごした。なのでその思いを込めてこの風景が残っている間に「今の風景との時間」をみんなで過ごそうという企画をする事になった。日にちは6月27,28,29の三日間。今まで横川シネマで演奏をしてくれたアーティスト、溝口さんの思いいれのある方などを中心に私が仕切りでブッキングし進めていく事になった。あくまで溝たんの思いが大事。
夜中に寄ってくれた溝たんと話しながら横シネの歴史を二人でさかのぼった。

そうして見ていったら私は意外と早くから横シネと関わらせていただいていたのだという事がわかった。なのできっと心が暖かくなるようないいイベントにしていこうと思う。出来る範囲でだ。あえて言うまでも無いのだが、横川シネマがなくなるのではない。横川シネマは永遠にあるのだが、一つの歴史の幕は閉じるような気がしてる。そんな舞台に大きく関わらせていただける事に感謝している。
みなさん、6月27,28,29はどうかあけておいてください。

あと、日頃ヲルガン座のお客様がお世話にもなっているまくら屋も来月いっぱいで「一旦」あの場所を閉める事になった。こちらもまた場所が見つかり次第移転の運びなのだが、ここでも最後にヲルガン座プレゼンツで「まくら座」というイベントをする事になった。店主のみやっちとともに。自分ところもしっかりやれや!ちゅう話ですが、私はこういう周りの好きな人たちによって支えられ、そういう位置に生きている。なので自分の事もワヤで大変なのは大変なのだが、こういう人たちを大事にし一緒に生きていきたいと思っている。
それだけの気持ちでこれからもみんなと関わっていくのだろう。
まくら座は5月23日。こちらも同じよう空けとってくださいな。

アパートのトーマス展、明日で最後だよ。よかったら。





| ゴトウイズミ | - | 14:12 | comments(0) | trackbacks(0) |

一番上へ